広いお風呂。。。(リフォーム時に挑戦したいこと)

そろそろ私も30代中盤なので、持ち家を買いたいなぁとか思っているのだけど、
予算や個人的な好みもあって、10年以内に購入後、セルフリフォームを考えている。DIY大好きだし。
~~~~~~~~~~~~~~~

その一つが、広いお風呂にするというお風呂のリフォーム。

手段としては、ユニットバスを入れる、ハーフユニットバスを入れる、浴槽と洗い場をそれぞれ入れる
なんかがある。

そしてヒノキの木の壁という夢のようなものを実現するためには、ハーフユニットと、浴槽洗い場をそれぞれつくるしかない。

ちなみに、ハーフユニットバスは、大手だと、
Toto ハーフユニットバス
日比野化学工業 ハーフユニットバス
ってのがあるみたい。

どっちもいいね。

でも、これだと、普通のユニットを導入したほうが安いような気もするけど。。
まぁいいや、夢として、そして、選択肢としておいておこう。

歩いていた野良ガメを拾う。無事飼い主に届ける。

今朝、練習場に向かう途中で、全長20cm程度のミドリガメが道路を横切ろうとしているのに出会う。
そのままだと、車に轢かれそうなのでとりあえず捕まえた。

近所の亀が逃げたのかなと思い、近くの家のインターホンを鳴らすと、奥さんが「はい。」と答えてくれた。

「すいません、お宅、亀飼ってませんか?家の前で保護したんですけど」

「いやぁ、うち飼ってないですね」

「近所で飼っている人いませんかね?」

「隣の方が飼っていたと思いますけど。。。」

というわけでお隣のおうちへ。

何度かインターホンを押すと、お父さんが「はい。」

「すいません、お宅、亀飼ってませんか?家の前で保護したんですけど」

「え、あ、はぁ、まぁ行きます」

ドアから出てくると、「あ~」

「この亀、お宅の亀ですか?」

「そ、そうですね。」

「ではどうぞ」と亀を渡す。

「半年前に甲羅を洗っていて、ちょっと眼を放したスキに逃げ出しちゃったんですけど、まだ生きてたんだね。。。」

亀は半年も野良ガメ生活をしていたのね。。。

強いな、亀。生きてて良かったね。

事実は小説より奇なりとはよく言ったものだね。

どんな生活をしていたのか考えてみると、面白い。

ネット広告の時代に大分取り残されていたんだなと気づく。

7、8年前のネット広告のセオリーと最近のセオリーは大分変わってきたのね。
そのころより、ユーザー分析がやりやすくなっていて、今の方が色々なことが出来るようになっている。

その結果、ニッチなターゲットに今まで以上にアクセスしやすくなっているという現状がある様子。
もう少し、研究を進めていこうかな。